「問題なし」を信じますか?2011/03/22 07:45

 食べ物や水、空気、海、すでに身の回りのあらゆるものから放射能が検出され始めています。テレビや大新聞のほとんどは、なんだかんだ言っても結局最後は、だけど「問題ない」「心配ない」と言っています。ちょっぴり「科学的に」レントゲン写真と比べたりするので、へたすると「なーんだ、そんなものか」と思ってしまいます。こういう連日の報道に慣れてくることが本当に怖い。私は、ニュースを見るたびにテレビに向かって叫んでいます。「だったらあなたがその野菜や牛乳を引き取って毎日食べてください!」って、実際はもう少し汚い言葉ですけどね。今、NHKでアサイチをやっていますが、妊婦に対しても「心配ない」と答える「専門家」が登場しています。そういう話を聞くたびに違う違うって叫びたくなります。
 放射能の全てのデータを公開し、そのリスク(こわさ)をきちんと伝えるこそが、まっ先に国がやることでしょう。「影響なし」と言う枝野長官!あなたは後で責任を取れるのですか?
 日本という国は本当に国民をバカにしています。「オレを信じろ」「だまってついてこい」というスタイル。人々は大事な判断を他人に任せてしまう。今の事態(できごと)は自分を含めて日本人って何かという点でも深く考えさせられます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック