再びセシウム降下物が増えているのはなぜ?2012/01/07 18:19

セシウム降下物量(福島市9月〜)
 上のグラフは、福島市の9月以降の放射性セシウムの降下量の変化を表しています。文科省が毎日24時間定時降下物の放射能量を測定して公表したデータから描いています。文科省は、1/6に年末年始のデータをまとめて発表しましたが、ここに驚くほど大きな値がでていてびっくりしました。
 1月2日午前9時からの24時間で地表に降下してきたセシウム134と137合計で、1平方メートリ当たり432ベクレルが記録されました。これだけの降下量が記録されたのは、事故直後の3月中を除いて何度もありません。だいたい、4、5月頃に降っていた量に匹敵します。ただし、降下物は積算されていきますから、毎日降下量の多かった当時と単純に比較することはできませんが。それにしても、1月2日の値は突出しています。それまでの4ヶ月間の1日平均が18ベクレルですから、一気に20倍以上になったことが分かります。
 1月1日の午後2時半にかなり大きな地震がありました。あまりにもぴったりのタイミングなので、多くの人がこの地震とセシウム降下量の急上昇の関係を疑いました。この地震では関東から福島にかけての広い範囲で震度4を記録しています。震源が非常に深く(370km)規模が大きい(M7.0)地震でした。しかし、東電からも国からも、特に地震による大きなトラブルや事故の発生に関するコメントはありません。
 ただ、4号機では使用済み核燃料プールに隣接するスキマサージタンクの水位が急低下するというトラブルが発生しています。東電は地震の揺れで水が燃料プール側に溢れたと言っています。スキマサージタンクは燃料プールの冷却水を受け流してフィルターや熱交換器に送る装置です。以前から4号機が一番危ない状況にあると言われています。4つの原子炉の中で唯一初めから燃料が原子炉の外に出ています。建屋の水素爆発によって最上階の使用済み核燃料プールが極めて不安定な状態になっています。建物を支える柱や壁が崩れています。大きな地震でも起これば、大量の核燃料が入ったプールが崩壊するという最悪のシナリオがあります。傾いたり亀裂が入ったりして冷却水が抜けるだけでも大変なことになります。大量の使用済み燃料棒が空焚きになって自らの崩壊熱で融けて、再び膨大な放射能放出が起こって、手がつけられない状態になったら完全にアウトです。
 話を戻しますが、地震にともなう何らかの異変で、セシウムが大量に放出されるようなことが起こったのかどうかということはわかりません。原発周辺の モニタリング値にも変化がみられません。また、1日から2日にかけての 風向き(SPEEDIデータ)もチェックしましたが、福島市方向はほぼ風上に位置しています。雨や雪も降っていません。データが正しくて、東電がウソをついていなければですが、その日、原発から新たな放射能が放出されて、それが福島に流れてきて、降った、と言うのは少し難しいかもしれません。
 観測を行っている福島県原子力センター福島支所は福島市方木田にあります。文科省の航空機広域モニタリングによると、この付近は放射性セシウム合計で1平方メートル当たり10万〜30万ベクレルの表面汚染になっています。大半は事故直後の3月中に降下したものです。9月以降の降下量は積算で2千〜3千ベクレルになりますが、福島では汚染レベルが非常に高いため、これだけさらに降り積もってもすでにある汚染量に対して1%ほどにすぎません。数百ベクレルや数千ベクレルという数値が小さく見えてしまうことが怖いです。過去の大気圏内核実験で日本に降ったセシウム降下物の月間最大記録は、1963年6月の一ヶ月間に東京都で約550 ベクレル/平方メートル(セシウム137)でしたから、異常なレベルだと言うことがすぐにわかります。
 このところ、少し気になる変化が見られます。9月以降の月平均の1日当たりの降下量(放射性セシウム合計)を計算すると、9月は19ベクレル、10月は10ベクレル、11月は12ベクレル、12月中は32ベクレルでした。12月中旬頃から降下量が増えています。収束宣言とは裏腹に原発からの放出量が増えている可能性もあります。
 原発からの放射能放出が最大の問題ですが、もうひとつ忘れてならないのは、すでに地表を汚染している膨大な放射性物質の挙動です。再浮上、拡散、再降下という新たな問題も考えなければならないでしょう。すでに汚染されている地表の埃などが強風で舞い上がって、再び降下してくるという可能性です。早川由紀夫教授は冬の季節風で舞い上がった埃にセシウムが付いていると言っています。降下物に含まれる砂塵や埃を分析すれば分かると思いますが、そのようなデータはないのでしょうか。除染したのにいつの間にか線量が元に戻ってしまったという話はよく聞きます。放射性物質は水や風によってたえず移動しているのです。
 結局、セシウム降下量の急上昇の原因はわかりませんが、今でも日常的にセシウムが舞っている状況には変わりがないのだということに改めて気づかされます。そして、今でも私たちの上に降り注いでいるのです。事故収束などほど遠い現実です。

(追記)12月から新たな窒素注入を始めていることが関係あるかもしれません。今回、東電は圧力容器にも窒素注入を行うとしています。7月に窒素注入を行った後で、降下物の量が激増した日(7/18-20)がありました。圧力容器、格納容器ともに破損している状況では、注入にともない内部汚染ガスが漏出してくるのは必然です。この関係について現在調査中です。(1/8)

(追記)小出裕章氏が”たね蒔きジャーナル(1/10)”で「2日のセシウム線量急上昇の理由」について解説していました。新たな放出の他に、風に巻き上げられて空気中に出てくる可能性もあるとして、「(放射性降下物の量は)かなり大きく変動すると思っておかなければいけない」と言っていました。 http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/01/11/tanemaki-jan10/

定時降下物データ〜セシウム降下量をみる2012/01/08 21:22

セシウム降下量の変化(福島市)
 このところ、福島県内や関東地方で空間放射線量が増えているという情報がネット上に飛び交っていますが、私はまだ確認できていません。ひとつだけはっきりしているのは1月2日の福島市の定時降下物の観測値が急増したことです。これは昨日のブログで紹介しました。元の データは文科省から発表されています。
 文科省は年末年始のデータを暫定値として6日にまとめて発表しました。昨年12月までは毎日発表していました。ところが1月からは、1ヶ月分をまとめて発表するとしています。なんと1月分のデータが公表されるのは2月末となっています。次にいつ暫定値が発表されるかはっきりしません。
 12月下旬に文科省が モニタリングの大幅縮小見直しを発表しています。これは、首相の「事故収束宣言」を受けてのものですが、そのとたんにデータの異変が起きています。
 定時降下物は貴重なデータです。本来ならば、観測点を増やして、より綿密な調査が必要なくらいです。放射能は物質なのです。ヨウ素やセシウムという物質として空を飛んでくるのです。それを直接捕まえるのがこの調査ですから、単に空間線量を量るよりずっと意味があるのです。
 福島市の観測点では3/27から定時降下物の量が調べられています。このデータからセシウムの降下量をグラフにしました。3/27〜4/23までは、セシウム137だけのデータなので134も含めれば実際は2倍くらいと考えて下さい。それ以後は134と137の合計値を示しています。もし、3/27より前のデータがあれば、このグラフの縦軸を十倍くらいは伸ばさないと入らないほどでしょう。なぜなら、10万〜30万ベクレルの地表汚染が残っているのですから。
 7月にグラフが跳ね上がっています。7/19〜20に大量のセシウムが降下しました。考えられるのは、6/28から2号機で、7/14から3号機で格納容器内への窒素注入が始められました。これに伴って放射性物質が放出拡散した可能性があります。12月も新たに圧力容器への窒素注入が始まりました。この影響もあるかもしれません。東電は窒素注入を始める時にはアナウンスをしていますが、それ以後止めたのかやっているのかについては何も発表していません。
 今後、さまざまなデータの公表が縮小されていく動きがあります。これまでのデータ公表だって全然足りませんでした。データ隠し、小出し、後だし、訂正、削除・・・・東電と国がデータを独占しています。こんな状態では何度でも過ちをくりかえします。徹底公開を求めないマスコミも同罪です。

「地球温暖化」と「低線量被ばく」〜「科学的に証明」とは何か2012/01/09 08:21

 最近は理科の授業の中で「地球温暖化」についてかなり詳しく教えています。今では、小学校から高校まで「地球温暖化問題」が出てきます。日本での教育は諸外国に比べ徹底しています。そして、温暖化の原因は二酸化炭素であると教えられています。学校だけでなくマスコミも総動員であまりにも教育が徹底しているため、「二酸化炭素が増えて地球は温暖化している」ということは、もはや「科学的事実」となっています。
 しかし、「二酸化炭素が地球温暖化の原因である」ことは、科学的には「証明」されてはいません。それどころか「地球が温暖化している」ことさえも、科学的には「証明」されていません。気候変動のような地球史的変化をたかだか数十年のデータで証明することなど不可能だからです。しかし、証明不能だからと言って「起こらないこと」「存在しないこと」として無視することはできません。なぜなら、将来、やはりそうだったと分かった時には遅いからです。そういう場合、科学では「予測」を行います。現在までに得られたデータと自然界の法則をもとにした将来予測を行います。今ではコンピュータを使ったシミュレーションによって示された二酸化炭素濃度上昇による地球温暖化仮説を多くの人々が受け入れているということに過ぎません。
 このような「仮説」と「予測」にもとづいて、二酸化炭素削減を高々と宣言している我が日本政府ですが、「被ばく問題」に関してはまったく正反対の態度を取っています。「低レベルの放射線は人体に影響がある」ことは「科学的に証明されていない」・・・低線量被ばくの影響について政府機関がコメントする時には必ずこう前置きされています。不当な前置きをつけられて、事実とか真理から一段も二段も下げた扱いになっています。実は、日本政府は、いまだに低線量の被ばくにリスクがあるとはハッキリ認めてません。
 低線量の放射線被ばくの影響を「科学的に証明」するにはまだデータが足りません。一般的に「統計的に有為」であると言うためには0.05の有為水準が必要と言われています。つまり十中八九ではダメで十中9.5以上で同じ結果が出ることが求められます。このような実証的エビデンスを求めることは、人類が新たに遭遇している出来事や将来の影響を考えるときには適さないことは明らかです。
 では、証明不能だからと言って「起こらないこと」「存在しないこと」として無視することができるでしょうか。将来、その影響が証明されてからでは遅いのです。そこで、まともに考えれば「地球温暖化問題」と同様、「被ばく問題」においても「予測」を行わなければなりません。これまで得られたデータと自然法則にもとづいた影響予測を行う必要があります。現在、日本政府も一応受け入れている「直線しきい値なし(LNT)モデル」もこの考え方によって作られています。
 「放射線はその高いエネルギーによってDNA分子を破壊する」「DNAの破壊によってガンが発生する」「被ばく量とリスク上昇率が比例関係にある」というのはもはや自然界の法則です。ただそれが100ミリシーベルト以上でしか「科学的に証明されていない」だけなのです。まずやるべきことは、現在得られているあらゆるデータを総動員して、できる限り正しい比例定数つまりリスク定数を求め、物理学や生物学の自然法則に従って、低レベル被ばくの将来の影響予測を行うことです。
 「科学的に・・・」という言葉が使われる時ほど科学的でない時です。それは人を黙らせるための脅し文句になっています。本当の科学はそうではないはずです。科学は真理のためにあるのであって人の都合のためにあるのではない・・・はずです。「地球温暖化問題」と「放射線被ばく問題」どちらも、あまりにも政治的に科学が歪められています。
 今政府が打ち出している対策は、リスクがあるからやるのではなく、不安があるからやってあげるというスタンスになっています。補償問題でも被ばくに関してはひとことも言っていません。まずは、日本政府は低レベル放射線被ばくのリスクをきちんと認め、放射線が人を傷つけていることを認めることです。そこから、すべてが始まります。日本は不思議な国です。広島・長崎に原子爆弾を落とされ何十万人も犠牲になっているにもかかわらず、放射線被ばくをあまりにも軽く見ています。かつての原発安全神話が今「放射能安全神話」に姿を変えて私たちを騙そうとしています。

(参考)12/7のブログ:新たな神話づくり「放射能安全神話」〜読売社説批判
http://tomtittot.asablo.jp/blog/2011/12/07/6236556

生で見て聴いた早川由紀夫教授〜「明るく楽しい放射能リスク学習会」(日記)2012/01/17 20:49

早川由紀夫教授(友人撮影)
  越谷で早川由紀夫教授の 「明るく楽しい放射能リスク学習会」が開かれました。もはやネット上では超有名人の早川由紀夫教授、昨年はツイッターでの”過激”発言で大学当局より処分まで受けていますので、いったいどれだけ”過激”で”怖い”先生なのかと、内心ビクビクしながら参加しました。100人近く入る会場は満員、やはり8割以上は女性、お母さんたちでした。当日は ユーストリームの中継もされています(画像はかなりひどいですが、声は入っています)。
 科学者にキャラは関係ないのかもしれませんが、私は早川教授のキャラクターにも興味があります。群馬大学から処分されて妨害されながらも電気を消して 記者会見した様子など拝見すると、どんな人なんだろうとすごく気になっていました。
 生で見て聴いた早川教授は実際は決して怖い人ではありません。優しそうですし、茶目っ気があり、クールで、誠実という印象です。パワポを使いながらの話はリズムもテンポも良くてさすがプロです。短いフレーズの言葉ではっきりキッパリものを言うところが、かえって気持ち良いです。
 長々と人間性の話などをしてきましたが、実はこういうレベルの話になるところが、この国の悪いところかもしれません。自分で言っておいて勝手に反省していますが、あの時 「早川問題」として騒がれたのが、まさにこういう話でした。人間性うんぬんという話に持っていってしまうことで本質が見えなくなります。
 怖いのは早川教授ではなく放射能汚染の事実なのです。それをはっきりキッパリ言うから言葉が鋭く刺さるのかもしれません。科学者として事実に対して誠実な態度を感じました。「私は今どうなっているかを調べて皆さんに教えているが、それで皆さんがどうするかは自分で決めて下さい」という姿勢は誠実な科学者のものです。これに対して、事実を示さずにこうしろと言うのが日本政府のやり方ですから。
 さて、肝心な話の中身ですが、ごくごく簡単に紹介します。詳しくは丸ごと ユーストリームの中継でご覧ください。
 私としては専門の火山研究の話が面白かったです。過去の噴火の様子が火山灰堆積物から分かるという話や、噴火で火山灰や火山ガスがどのように拡散していくかのシミュレーションなど、結局それが放射能の拡散とフォールアウトの分析に役立っている訳です。早川教授が世に出した 「放射能汚染マップ」の話、原発から放出された放射性物質がどのように流れていったのか、改めて話を聴いて本当にゾッとします。3/15、放射能雲が首都東京の頭上を音もなく流れていたことなど、その当時はまったく知りませんでした。私はその日、クルマで埼玉を往復していました。もしその時に雨が降れば、関東も今の福島と同じになっていたでしょう。
 最後に、心に残った言葉を二つ紹介します。
「どんなことしたって人は死ぬんです。死なないために勉強するんじゃなくて、納得して死ぬために勉強するんです。」・・・科学は不老不死を求めてはいないだろうか、死なないことが目的ではないはず。「納得して死ぬ」ことができるかどうか。それが目的では。
 「人間は自然には勝てない。いくら気合いがあっても勝てない。愛があっても勝てない。それを知った上で、自然への畏怖を持ってその場から立ち去るしか生き残る方法はない」・・・ここで言う「自然」とは放射能と言い換えることもできます。

 早川由紀夫のツイッター @HayakawaYukio
ものすごいツイート量なのでフォローするのが大変ですが、言いたいことのほぼすべてはここで言っています。フォロワー4万人!

事故前の190倍!〜福島の食事1人1日4ベクレル2012/01/19 23:04

1人1日の食事に含まれる放射性セシウムの経年変化
 1/19の朝日新聞にびっくり。なんと1面トップに「福島の食事1日4ベクレル」の大見出し、「内部被曝、国基準の1/40」「自然放射線よりはるかに低い量」と見出しが続いています。日常の食事に「4ベクレル」の放射性セシウムが入っていることが、たいした心配はいらないとでも言いたいような記事です。とても違和感を感じましたので、この数値を別の面から考えてみました。
 上のグラフは、同新聞36面の解説記事「60年代も高い数値、米ソ中の核実験影響」に載っていたグラフを加工して作ったものです。文科省は1963年から2008年まで日常食(1人1日当たり)に含まれる放射性セシウムを測定していました。下の方の赤い点々がそれです。黒の折れ線はその中央値を結んであります。その値は63年に2.03ベクレル、その後大気圏内核実験禁止で減り続け、86年のチェルノブイリ原発事故でいったん増加、さらにその後減り続け08年には0.021ベクレルにまで低下していました。
 朝日新聞のグラフでは、そこに今回の測定中央値を青線で載せただけです。実は、過去のグラフは棒グラフではなく測定値をプロットしたものです。高い値がポツポツと離れているのが分かります。厳密には測定方法が違いますが、本来、測定値をプロットしなければ比較できません。そこで、右端に今回のデータを並べました。値が高過ぎて縦軸を5倍延ばさなければ入りませんでした。この右端に縦に並んだデータの中央値が 4.01ベクレルなのです。
 「 4.01ベクレル 」という数字は、事故前の 0.021ベクレルの、「 191倍 」です。過去最大の63年の中央値 2.03の2倍、同年の最大値と同程度です。関東でも、事故前の17倍となっています。今回測定のうち10家族は、これまでの日本で記録されたことのない高いレベルなのです。今回最大の 17.3ベクレルは事故前中央値のなんと 800倍以上です。今回の原発事故とその後の状況がいかに異常であるかよく分かります。
 毎日4ベクレルを食べ続けると1年半後には600ベクレルの体内蓄積量で平衡状態に達します。人間の体にはもともと自然放射性物質のカリウム40が成人で約4000ベクレル存在していますから、合計4600ベクレルになります。被曝量が15%増えるということは単純にリスクも15%増えることになります。よく自然放射線被曝より少ないから大丈夫などと言う話を耳にしますが、それは間違っています。自然放射線は減らすことができないので、セシウムなどの人工放射線被曝はすべてそこに上乗せされていきます。放射線は被曝量に比例した影響を与えるという法則からいえば、どんなに少しでも確実に影響(リスク)は増えていきます。もともと発ガンには自然放射線の影響もあるはずですが、それはいわゆるバックグラウンドとなっているので見えないだけです。
 この朝日の1面には「自然放射線よりはるかに低い値」という専門家のコメントまで載っています。コメントしているのは、甲斐倫明大分県立看護科学大学教授ですが、この人は ICRPの委員をいています。最近、ICRPの中立性や科学性に数々の疑問が示されています。「放射線防護」とはいうものの内実は「放射線利用」を進めるための組織であることは誰でも知っています。被曝リスク、特に内部被曝のリスクを政治的経済的に過小評価しているとも言われています。
 放射性セシウムは自然界には存在しません。人類が原爆&原発で作り出した物質です。人類はたかだかこの60年ほどで放射性セシウムを体内に持つようになったのです。その影響はまだよく分かっていません。いや、チェルノブイリ膀胱炎や前ガン症状のデータなどかなり明らかになってきています。
 それにしても、ひどい汚染の中にいると「4ベクレル」という数字がとても小さく見えてしまいますが、それは錯覚です。私たちは、ついこの前までの汚れていなかったきれいな世界の目を持って今の現実を見なければいけません。朝日新聞もこの期に及んでまだ国やICRPの物差しを使って同じ土俵で語るようでは本当に情けありません。あるいは、放射能安全神話の片棒を担ごうとしているのか、はたまた、原発再稼働へ向けた地ならしでも始めたのかと、勘ぐりたくもなります。

福島の食事、1日4ベクレル 被曝、国基準の40分の1(朝日新聞)1面記事の一部
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201201180799.html