三井化学爆発事故と劣化ウラン2012/04/23 19:20

三井化学岩国工場爆発事故
 4/22未明、山口県の岩国コンビナートにある三井化学の工場で大きな爆発事故が発生、36時間にわたって燃え続けました。作業員1名が死亡、11名が重軽傷を負いました。周辺の住宅にも爆発で窓ガラスが割れたりする被害が及びました。実は、この工場には大量の「劣化ウラン」が放射性廃棄物として保管されています。今回は、火災現場から350メートルほど離れていて影響はなかったと発表されていますが、万一のことを考えると本当にぞっとする出来事です。昨日は、ツイッターなどネット上でさまざまな情報が飛び交いました。今のところ、この件について、突っ込んだ報道をしているマスコミはないようです。
 劣化ウランを含む放射性廃棄物は、ドラム缶に換算して3379本分あります。これは文科省が毎年出している保管状況の報告で確認できます。最新版が平成22年度報告で3379本、21年も20年も同数ですから、まったく使われず保管されているだけということが分かります。一部報道によると、この劣化ウランはかつて化学反応の触媒として使用したもので、現在は処分できずにそのまま保管しているとのことです。このような形の劣化ウランは、実は日本中の化学プラントに今なお大量に存在しています。なお、3.11の時に千葉県でコスモ石油のLPGタンクが爆発炎上した時、隣接のチッソ石油化学五井工場に保管してあった「劣化ウラン含有触媒」ドラム缶33本に火の手が迫り保管庫の壁まで焼けています。これも、危機一髪でした。
 そもそも、「劣化ウラン」とは何でしょう?英語では”depleted uranium”と言います。“涸渇した”とか“消耗した”ウランという意味です。使った後のウランとか、放射能が無くなったとか誤解されやすい名前ですが、これは核燃料製造工程で作り出された副産物なのです。要するに、天然ウランを「濃縮ウラン」と「劣化ウラン」に分けると考えて下さい。
 100万キロワットの標準的な原発1基を1年間稼動させるためには約30トンのウラン燃料が必要です。30トンの核燃料を作るためには、山から掘り出すウラン鉱石がなんと130,000トンも必要です。130,000トンのウラン鉱を精錬して190トンの精製ウラン(イエローケーキ)が得られます。残りの129,810トンはウラン鉱滓として捨てられます。この190トンのイエローケーキは天然ウランと同じ同位体比率になっています。ほとんどはウラン238で、核分裂性のウラン235は0.7%しか含まれていません。これを濃縮することによってウラン235の割合を3~5%まで高めた「核燃料用濃縮ウラン」30トンが得られます。この過程で分離された残り160トンは、ほとんどウラン238なので燃料には使えません。これが「劣化ウラン」です。核分裂エネルギーを取り出すことができないという意味で“涸渇した”ウランなのです。
 この「劣化ウラン」は何に使われているのでしょう?一番有名なのは「劣化ウラン弾」つまり兵器です。極めて比重の大きな重たい性質を利用して戦車の分厚い装甲を貫く特殊な砲弾として開発されました。1991年の湾岸戦争で初めて大量に使われました。その後、兵器の種類も数も増え、ボスニア、コソボ、セルビアの紛争、アフガン戦争でも使われています。後述しますが、放射能被害を及ぼす点では「核兵器」とする見方もあります。セルビアの調査では劣化ウラン弾からプルトニウムが検出され、極めて放射能レベルの高い使用済み核燃料が混ぜられた疑いも持たれています。
 民生利用では、やはり重さを利用して航空機の振動を抑えるカウンターウェイト(重り)にも使われたことがあります。日航ジャンボ機墜落事故のときは尾翼に240キログラムの劣化ウランが使われていたことも救援活動の遅れを招いた原因の一つと言われています。このときは幸い墜落火災に巻き込まれませんでした。現在の航空機にはタングステンが使われています。他には、今回の三井化学のようにウランの化学的性質を利用するときにも、ウラン原料としてこの劣化ウランが使われました。
 「劣化ウラン」の危険性は何でしょう?ウラン238という放射性物質であるということです。劣化ウラン1キログラム当たり1000万ベクレルの放射能を持っています。しかも、ウラン238はアルファ線を出します。アルファ線は体内被曝が問題です。湾岸戦争時、米軍はイラクのバスラ周辺で数百トンもの劣化ウラン弾を使用しました。バスラでは5年後からガン死者が急増、10年後には戦争前の20倍にもなりました。ガンの他にも奇形などの先天異常が多発しています。イラク人だけでなく米軍兵士の体も蝕み、多くの帰還兵が「湾岸戦争症候群」に苦しんでいます。このような被曝症状はボスニアでも急増しています。
 劣化ウランが高温燃焼すると超微粒子(エアロゾル)となって拡散します。この微粒子が呼吸とともに肺や気管支に吸い込まれると、長期間体内に留まりアルファ線による体内被曝を受けることになります。特に極微粒子の場合、組織や血管の膜をすり抜け全身に広がります。加えて、重金属特有の化学毒性も非常に強いことが分かっています。放射線被曝と化学毒性の相乗効果によって、体内にある劣化ウランは極めて微量でも大きな影響を及ぼします。
 文科省のリストを見ると、今回の三井化学だけでなく日本中に放射性物質(廃棄物)が存在していることが分かります。そのほとんどは処分することができずにずっと保管されているのです。原発を使い続ければ、処分できない廃棄物がますます増えるということです。今回の事故で「劣化ウラン」について考えてみました。

三井化学岩国大竹工場 プラント爆発事故で22人死傷(テレビ新広島TSSニュース4/22)
http://www.news.tss-tv.co.jp/news_html/1204220020.html

平成22年度放射性廃棄物管理状況(文科省)平成22年度下期放射線管理等報告について11ページ別表2−3
http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan059/siryo4.pdf

参考文献:「内部被曝の脅威」肥田舜太郎・鎌仲ひとみ著

チェルノブイリ原発事故から26年〜福島原発は?2012/04/26 21:21

チェルノブイリ原発の「石棺」
 26年経っても、壊れた原発はそのまま、溶け落ちた核燃料もそのままです。そのまますっぽり巨大なコンクリートの石棺で覆っています。石棺が老朽化してきたため、さらに外側を覆う第2石棺の建設が始まっています。いったい、いつになったら「収束」するのでしょう。
 実は事故直後、ソ連政府は10日間でほぼ「収束」させたと言っています。放射能の大量放出を押さえたと言うことですが、実態は押さえたのではなく、出るものが出てしまった結果でした。その後、大量のコンクリートを投入して突貫工事で石棺を作り上げました。事故後半年後の11月には完成させています。内部には手がつけられない状態ですが、それなりの封じ込めを達成しました。
 その後26年も経ちましたが、中は何も変わっていません。原子炉からマグマのように流れ出して固まった核燃料が少なくとも4トンはあると見られています。現在、第1石棺の老朽化が激しいため、さらに外側を覆う第2石棺を作り始めました。将来的には核燃料の撤去まで行うとウクライナ政府は言っていますが、あまりにも莫大な費用がかかるために、おそらく実現は困難でしょう。
 チェルノブイリ原発事故後26年で分かったことは、ひとたび大事故を起こしたら、後始末はできないということです。結局このまま現場封じ込めを続けるしかありません。いったい、あと何年? 使用済み核燃料が安全無害になるまで10万年と言われていますから、おそらくそれと同じくらい! 人間にとって10万年など「永遠」と同じです。だから、原発事故は永遠に収束しないのです。
 さて、福島原発はいろいろな意味でチェルノブイリよりもっと深刻です。同時に4基の原子炉(使用済み核燃料保管プール)が危機的状況にあり、福島第一原発全体で1000トンをはるかに超える核燃料(使用済み核燃料)が存在しています。1年以上経った今でも、何ら封じ込めができていません。今後、使用済み核燃料プールからの燃料取り出しから始まって、最後は原子炉内から溶けた燃料の取り出しと言っていますが、チェルノブイリに比べてもはるかに複雑な作業が必要です。おそらく、私たち生きている間にそこまで見届けることは不可能でしょう。
 結局最後はチェルノブイリと同じように溶けた燃料は手付かずで現場封印するしかないでしょう。今から、それを想定して工事を始めるべきです。地下ダムで原発を取り囲み、全体を頑丈なシェルター覆い、一刻も早く使用済み核燃料を取り出す。そこまではできるはずだし、やらなければなりません。もちろん、莫大な費用がかかります。東電の工程表はやれることをやらずに夢のようなことを書いているから「絵空事」と言われるのです。
 何十年かかるか分かりませんが、少なくとも燃料プールが空になるまで、再び大地震や大津波、不測の事態が起こらないことを祈るような気持ちです。そんな綱渡りをこれからも長期間にわたって続けなければなりません。フクシマはチェルノブイリよりはるかに困難な状況にあるのです。最近、もしかしたらチェルノブイリの方がまだマシなのかと思うことがあります。

“絆”と原発危機~ポスト311の空気 ~2012/04/28 23:13

 “絆”と書いて“きずな”と読みます。最近では人と人との結びつきをさす言葉として使われていますが、もともとの意味は家畜をつなぎとめる綱(きづな)のことです。絆し(ほだし)と読めば、自由を束縛することという意味になります。転じて、断ちがたい情愛とかという意味にも使われて、今の意味につながっています。この言葉、少なくとも、3.11以前は、日常生活の中でよく耳にするような言葉ではなかったと思います。私などは、せいぜい長渕剛の歌「乾杯」の出だし文句が浮かんでくるくらいでした。ところが、3.11以後、にわかに“絆”という言葉が巷に氾濫するようになりました。町内会の募金から、果ては瓦礫受け入れまでも、みんな“絆”です。メディアを通じて“絆”キャンペーンが繰り広げられ、今では子供でも知っています。確かに良い意味での“絆”はとても大切なものだと思います。しかし、震災復興、がんばろう日本!助け合いとか協力という美名で飾られた“絆”という言葉の裏には、「日本人なら協力しろ」という無言の圧力が感じられます。断ろうものなら「非国民」と指差されそうな雰囲気があるのも事実です。今回は原発危機と“絆”をキーワードとして3.11後の時代状況を考えてみたいと思います。
 福島では原発事故の放射能によって汚染された大地に多くの人々が暮らし続けています。国は年間20ミリシーベルトまでは居住可能として避難体制の見直しを進めています。放射線管理区域の基準を大きく上回る年間20ミリシーベルトというとんでもない数値なのですが、緊急時を口実に被曝を正当化しようとしています。子供たちへの影響を考えれば、放射線を避けて避難すべきレベルです。なのに今、そこでは避難を口に出せない雰囲気があると言いいます。なぜなら、国も自治体も「除染」一辺倒だからです。国も自治体も、みんなで力を合わせて「放射線と闘う」と言っています。でも、DNAが放射線に勝てないのは自然の法則です。これではまるで竹槍でB29と闘う戦時中の発想と同じです。どんなに馬鹿げていても、みんなで闘っている時に逃げることは許されないという空気があるのです。それが“絆”なのでしょうか。
 震災瓦礫の受け入れ(押しつけ)問題にしてももそうです。放射性物質で汚染されている可能性のある瓦礫を全国の自治体で処理しようと国は躍起になっています。科学的技術的経済的な検証を曖昧にしたまま、とにかくみんなで瓦礫処理を受け入れることが復興に協力することだと、全国の自治体に迫っています。とにかく協力と迫って、安全確認や住民への説明が後回しになっています。「みんなで」助け合うという、ここでも “絆”がキーワードです。
 食べて応援キャンペーンもそうです。これまで国は異常に高い暫定基準値を作ってわずかなサンプリングで基準値以下ならあとはすべて安全として食品を流通させてきました。そしてそれを食べないことは、いかにもワガママとかヒステリーとでも言いたいような空気があります。学校給食においても放射能に対する不安を理由にした弁当持参を許さないという流れがあります。言い方は悪いですが、自分だけ助かるのか、とでも言いたいような雰囲気があるのです。これも“絆”なのでしょうか。
 話は少し横道にそれますが、震災直後、アメリカ軍は“トモダチ作戦”を展開して救援・支援活動を行いました。日米の“絆”などともてはやされましたが、原発(放射能)事故の情報収集活動とか震災の政治的利用という批判もあります。アメリカのパネッタ国防長官は3.11一周年にあたって日本政府に寄せたメッセージで、米軍と自衛隊との「パートナーシップと友好の絆(bonds of partnership and friendship)と言っています。英語では“bond”を使います。英和辞典で調べると、“bond”の意味は、「ひも、帯、束縛するもの、接着剤、結束、束縛、契り、きずな、契約、債権(研究社リーダーズ英和辞典)」などの意味があります。古語として「農奴、奴隷」という意味もありました。このように、同じ“つながり”でも相手を束縛するような“つながり”の時に使うところは、日本語の “絆”同じです。
 さて、話を元に戻しますが、このように、“絆”という言葉には裏表があります。「美しい言葉」としてそれを無批判で受け入れることはできません。人々を集団に従わせ個人行動を許さないというときに、“絆”を持ち出しているように思います。そうなると、まさに言葉本来の意味、すなわち、人々を鎖で縛り付ける“絆”となってしまいます。“絆”という言葉はもともと家族とが男女とか狭い範囲で使われる言葉だったと思いますが、それを国家レベルの社会集団に拡げて使うからおかしくなってしまうのだと思います。ましてや、国が国民に対してこの言葉を使う時には注意しなければなりません。日本には「国家」という日本語に象徴されるように、国を「家」にみたてる発想があります。家族の“絆”という情に訴え、国家総動員で戦争に突き進んだあの時代に逆戻りさせてはなりません。
 震災直後、日本人の「忍従や規律、団結と互助、献身、自己犠牲」の姿に海外から驚きと賞賛の声が寄せられたといいます。例えば、暴動や略奪が起こらないとか。これは一面、日本人の美徳であるようですが、反面、過ぎれば悪習にもなりかねません。「忍従や規律、団結と互助、献身、自己犠牲」これらの言葉をすべて「国家」の方向に向ければ、そのまま「ファシズム」になってしまいます。
 3.11以後、日本は非常事態にあって、その社会は一種の「擬似戦時体制」となっています。経済が行き詰まり政治が混迷し未来が描けない、そんな「時代閉塞」の気分がその「擬似戦時体制」と結びついて、いつか本物の「戦争」へと進んでいくのではないだろうかと恐れます。そんな時代の空気を象徴するコトバとして“絆”について考えてみました。これが考え過ぎであることを願っています。